歯の機能を取り戻す

歯科 治療器具

インプラントは歯科で受診することができる治療法です。 抜歯などによって失った歯の機能を回復することができる画期的な治療法で、欧米では日本よりも早くから歯科での治療法として定着しています。 日本でも最近は多くの歯科医師がインプラントの技術を身につけ、失った歯についての悩みを持つ患者にとって大きな福音をもたらしています。 インプラントは、患者の顎の骨に失った歯の代わりとなるチタンなど金属でできたアンカーを埋め込み、これを基に歯の再建を行います。 顎の骨にチタンのアンカーを埋め込むためには骨の状態がこの手術に適した状態であることが重要です。 このためそれを確かめ、難しい場合には骨を良い状態にする治療を施すなどの準備をします。

インプラントは失った歯に代わるものですが、入れ歯などとは違って使用感などの違和感がほとんど感じられないという安心があります。 食べ物が知らない間に入れ歯と顎の間に挟まって、噛んだときに違和感や痛みが生じてしまうということは入れ歯の持つデメリットのひとつですが、インプラントは適正に治療が終わると、すっかり忘れてしまって自分の歯と同じように噛むことができるというものです。 高齢者の中には入れ歯が合わないという悩みを持つ人がいますが、こういった人にはインプラントはたいへん安心な結果をもたらす治療法です。 手術をともないますが、経験者によると抜歯と変わらないものだったということで安心です。 高齢化に伴い歯を失う人も増えますが、インプラントはこういった人々に安心感をもたらす良い治療法です。